投資信託では、債券型はもう買わない

5年ほど、インデックスファンドを積立で購入してきたけど

趣味で投資をしています。おもには投資信託の積立をして、いわゆるドルコスト平均法の投資効果をねらっています。

教科書通り、「株式」型と、「債券」型の投資信託を、地域のバランスも考えて買っています。10年ほど前に投資信託をはじめて、今のスタイルの積立を続けて約5年。

「たった5年(笑)」と人から思われそうですが、この経験から下した結論は、「もう債券型の投資信託は買わない、積み立てない」ということです。

投資信託の債券型を買わないことに決めた理由

  1. 儲からなかったし、これからの5年も儲かるように思えない
  2. 債券は、投資信託だと儲からない仕組みだと判断した
  3. 意味のない商品を買うぐらいなら、キャッシュを確保したい
  4. 債券に興味がない(他の商品、今はRIETに興味がある)

理由1)投資信託の「債券」型は、結果的に儲からなかった

理由のひとつは、この5年だけを見た限りでは、「株式」型に対して、「債券」型が圧倒的にパフォーマンスが悪かったからです。

たしかに、たまたまこの5年が、債券にとって悪い時期だったせいが大きいでしょう。この5年は株高が進みましたからね。債券が株に見劣りするのは当然です。

ちなみに自分が買った債券型の投資信託が儲からなかったという意味は次のとおりです。

  • 投資信託の基準価額は値上がりしなかった。(キャピタル・ゲインなし)
  • 分配金をもらえた気配がほとんどなかった。(インカム・ゲインなし)

債券型の投資信託の価値、基準価格は上がりませんでした。

地域は日本、海外の先進国、海外の新興国と分散させて購入しましたが、全てをならして平均するとプラマイゼロというのが実感です。

また、ほとんどの債券型の投資信託は、分配金が出ませんでした。これなら、金利が低いと有名な日本の銀行の普通預金の方が優れています。

そもそも、投資信託をはじめるにあたって、「株」型だけでなく「債券」型も購入をした理由は、教科書的な本に書かれてあった次のような目的に過度な期待をしたためです。

債券は株式と反対の動きをするため、株式型投資信託と組み合わせることで、ポートフォリオ全体の値動きが安定する。また株式よりも値動きが少ないので安定している。

これがセオリーが本当に機能するのなら、現在の株高時に株を売って債券を買う、そして株価が下がった時に値が上がった債券を売れば、誰もが大きなお金を稼ぐことができることになってしまいます。

また根拠はないものの、これからの5年も、債券を持つことで儲かるようには思えません。そう自分が思うなら、偏見であっても、自分の投資スタイルを作っていくために、債券の投資信託を買わない、という事を実行することにしました。

なお、『20世紀の100年間を通して一番安全だった資産が株式である』という言葉も聞いたことがあります。

100年というのは、自分の寿命に対して長過ぎる時間ではありますが、「長期」投資をする上では、株のインデックスファンドは、債権型よりも有効な投資手段だということは、100年レベルの期間で考えるのなら、歴史で証明されているのでしょう。

なお、私は債券型の投資商品をこれから(5年ほど)は一切買わないと言っているわけではありません。債券型の商品の中で「投資信託」だけは買わない、と宣言しているだけです。例えば、ETFという形で、債券型の商品を買う可能性があります。

理由2)投資信託の「債券」型は、利益が出にくい仕組み

債券型のインデックス投資信託が利益がでない原因は、その仕組から考えると仕方がないのではないでしょうか。

手数料が高い!

債券型のインデックス投資信託には投資信託の手数料が発生します。その手数料は、期待できるリターンに対して大きい。例えば、手数料が低い日本国内の債権インデックスファンドでも、信託報酬料は0.156%程。そして、国内債券の有名な商品である日本国債10年の年利回りは 0.050%ほど。

 

高い手数料と、期待リターンの少ない債券型の投資信託で、どうやって利益を出すのか私には理解ができません。

インデックスファンドはアクティブな投資をしない。

債券は株と比べ、元本の値動きがおとなしいのが普通です。

おまけに私が買っているのは、インデックスファンド。市場平均をめざす商品なので、さらに値動きはおとなしいはずです。値段が上下しないのなら、安いタイミングに買うという、儲けが発生するチャンスはない、と考えるべきでしょう。

リスキーな債券を集めて運用してもらうことなど、僕はインデックスファンドには求めていないので、債券型の投資信託にキャピタルゲインは期待すべきではなかったのです。

理由3)意味のない商品を買うぐらいなら、キャッシュを確保

債券型の投資信託は、中途半端な安全性しか確保できない。株よりも値下がりリスクが少ないかも知れないが、元本は保証されない。

また逆に、リスクが少ない分、中途半端な儲けしか期待できないのも、債券型の投資信託の特徴。だとすれば、もう現金を(銀行預金などで)持っておく方が良いと判断しました。

余裕の資金があれば、リーマンショックのような世界的な不況が訪れた時にも、株または株の投資信託を買い増すことができます。リーマンショックの時は、世界が終わったような雰囲気がありましたが、結局は5年ぐらいで復活しています。今だから言えることですが、リーマンショックは株式を買うチャンスでした。今後またそういったチャンスが来るかも知れないので、無理に興味がない・良く分からない商品を買うぐらいなら、大切に現金を持っておきたいと考えます。

現金を持つリスクは、インフレの発生時に現金の価値が下がる事ですが、その対策にはいくらかの株式やREITへの投資で対策したいと思います。

理由4)債券に興味がない

あれやこれや言いましたが、結局のところ私に「債権」に対する興味がないことが、債権を買わない理由として大きい。

債券型の投資信託は、いったいどんな商品を買っているのか、結局のところよく分かっていません。良く分からない商品をパッケージした商品を買う危険性は、リーマンショックのブプライムローンを思い出します。プライムローンは、危険な金融商品をごちゃまぜにしたことで、専門家の目でさえ誤魔化すことができ、問題が大きくなりました。

プロではない個人投資家である僕自身は、全ての商品に詳しくなる必要は当然なく、自分が興味をもっている部分だけに投資をすれば良いのです。

投資信託 これからの付き合い方

株の投資信託は、これからも積立の購入を継続します。

積立は、自動的に購入を続けてくれるので、いっさい自分が買うタイミングを悩まずに毎月、投資信託を買い続けてくれます。これが本当にありがたい。

これからの課題は、投資信託「売るタイミング」について私の方針が定まっていないこと。

含み益が出ていると、「今のうちに利益確定をしておくべきか?どうか?」と悩んでしまいます。幸せな悩みであるはずなのですが、タイミングを逃して、値下がりがおき、含み益が失われてしまう恐怖もあるのです。

投資信託の解約(利益確定)する理想のカタチは、「今は、この商品がお買い得だ!」という知識を持ち、そのための資金を得るために、利益の出ている投資信託を売却する、というような流れですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました