青のりを食べた後の破壊力がすごい!ドルツ EW-DJ51-Aを約半年ほど使った感想

半年ほど前に ドルツ・ジェットウォッシャーEW-DJ51-A を買いました。今回はこれを約半年ほど使った後の感想です。

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 青 EW-DJ51-A

新品価格
¥7,318から
(2019/2/11 16:04時点)

お好み焼きや焼きそばを食べるとよく分かる

この商品の効果は、青のりや鰹節(つまり、お好み焼きやヤキゾバ など)を食べた時に、とっても良く実感できます。

お好み焼きやヤキゾバを食べた後にこのドルツを使うと、口の中にカスとして残っていた青のりや鰹節がドバドバと口の中から出てきます。「え、まだ出てくるの!?」と、感動するぐらい、次々と汚れが落ちてきます。

しかもこれは、10回以上水で口の中をゆすぎ、& 2本の歯ブラシを使ってのブラッシングを10分ほどおこなった後の話です。

「さっきまでがんばっていた歯磨きは何だったの?」という敗北感を感じながらも、ドルツ・ジェットウォッシャーEW-DJ51-A の効果に喜んでしまいます。

これは食後にいきなりドルツ・ジェットウォッシャーEW-DJ51-Aを使って汚れがたくさん落ちる、という話ではないので…

  • 水で口の中をゆすぐ
  • 歯ブラシによるブラッシング

これらで落とせる汚れが、いかに限定的であることを、思い知らされます。

私はブラッシングは丁寧で自信がある、と思っていたのですが..

私は歯ブラシを6本ほど使い分けており、ブラッシングには自信がありました。が、ぜんぜんダメでったことがよく分かりました。


なお、歯ブラシを6本以上使い分ける理由は以下のとおり。

  1. 一回のブラッシングに2本以上 使うから。
  2. 一回のブラッシングに大小、形が異なるものを使いたいから。
  3. 一回使えば、24時間以上は休ませて乾燥させたいから。

です。
歯ブラシの本数を増やし、きちんと磨けていると思っていたのですが… 奥歯もヘッドが小さいブラシを使って完璧に磨いている、と思っていたのですが… 残念ながら思い込みであったことがよく分かりました。

特に歯と歯のあいだの汚れには、歯ブラシは全然ダメで、「糸ようじ」が必要と聞きます。でも、糸ようじ、ちょっと使うのが怖いんですよね。

実は、糸ようじを使うのが怖いから、このドルツを買ったという理由もあったんです。これの代わりにならないかな、という感じです。

ちなみに糸ようじを使うのが怖い理由は、1)歯茎を糸で切ってしまいそう、2)歯の隙間が広がってしまいそう、という理由です。糸ようじを使うことにより、歯の隙間が広がることはない、と聞いているのですが、感情がその理屈を克服できず怖いんです。

もし勇気を出して糸ようじを使うことができれば、このドルツとの比較した感想を書いてみたいです。

パナソニック 口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ 青 EW-DJ51-A

新品価格
¥7,318から
(2019/2/11 16:04時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました