身長168cm、けっきょく「サイズB」を選びました!アーロンチェア

 

アーロンチェアのサイズは3種類

ハーマンミラー社のアーロンチェアは、サイズを A、B、C と3種類から選ぶことができ、私はサイズを A にするのか B にするのか?で悩みました。(最大サイズのCは選択外)

今回の記事では、私がアーロンチェアを購入した理由や選び方を語ります。

「サイズBのアームレス」を買いました。

買ったのはこちら。

自宅においた様子です。

Amazonで買いました。

ハーマンミラー グラファイト Bサイズ アーロンチェア リマスタード ライト アームレス

身長168cmの私は、悩んだすえ、サイズBを買いました。肘置き(アームレスト)が無いタイプです!
用途は、「汗対策が必要な、体の健康に気を使う男の、家での仕事用」

いちばん悩んだポイントは、座面の高さ

サイズAとBとでは、座面の高さが異なります。
座面の高さを38cmまで低く調整できるサイズAに対して、サイズBの低さの限界は、40.5cm。サイズBはAよりも座面が2cmほど高くなるのが心配になりました。

<私の身体スペック>
・身長:168cm
・座高:92cm(足の長さが72cm)
・体重:65kg

メーカーの表によると、私はAでもBでもOK。

体重基準では、サイズはB寄り。ですが、身長を基準にすると、身長168cmの私には微妙な位置。サイズAは身長175cmまでカバーできるらしく、おまけに私は足が短いので、アメリカで作られたこの表の身長168cmよりも低く見積もる必要があるかも知れません。特に、家ではスリッパをはかず、裸足で過ごしているので、「チェア座面の高さ」は、より低いほうが安心です。

※妻の協力のもと、座高を測りました。何度も測り直しましたが、座高の方が足よりも長い事実は変わりませんでした。今では、この数字は間違いのない物だと納得しています。
※上記のイラストや表は、 ハーマンミラージャパン ホームページ のものを使用しています。

会社では靴を履くけど、家では裸足

会社で使っている椅子は座面の高さが40cmほどで、これはちょうど良い高さ。 ただし、それは靴を履いていての話。私の靴の底は、厚みが少なくとも2cmはあります。

家では、基本的にスリッパを履かずに裸足で生活をしているので、家で使う椅子は計算上、会社の椅子よりも2cmは低くした方が良いことになります。

もう、これは実物を確かめたい。

幸いにも、サイズAとBの2種類を展示品として持っている販売店が、行ける距離にあったので、実物を比べることにしました。

自宅で使う椅子を選ぶ時は、裸足で試座しよう!

家具屋で試座している様子

自宅と同じように裸足または靴下の状態になってから、試座しました。この状態で、延々2~3時間ほど、サイズAとBのアーロンチェアを座り比べしました。

結局、サイズBを選んだのですが、その理由の一つはサイズAが少し窮屈に感じてしまったこと。座面の両端にあるフレームが太ももにあたって痛いかも、と感じました。

サイズAだと、赤丸で囲んだ部分が太ももに当たります。

また、サイズBでも、何とか足が地面に接地できたので、許容範囲だと判断したこともあります。

余談:冒頭で触れた通り、私はAmazonで買いました。最初は試座をしに行った家具屋で買うつもりだったのですが、色々とありアマゾンで買うことになりました。なお、価格については、どちらも同じ値段でした。

なぜ?アーロンチェアが欲しくなったのか

たくさんのチェアが売られている中で、なぜ私はアーロンチェアに候補を絞ったのか?その理由は次の通り。

  • 夏の汗対策。背面・座面ともにメッシュ素材なので涼しい!
  • 姿勢を良くする!という設計ポリシー

夏の汗対策

極度の汗かきである私には、汗対策が重要です。そのために、一時期はスタンディングデスクを使っていた程です。夏場に私がイスに座ると、イスの座面からズボン、パンツまで汗でびっしょり濡れてしまい、とても不快です。

イスの背面がメッシュのチェア(椅子)は他のメーカーにも種類はたくさんありますが、座面もメッシュのものは、選択肢が減ります。アーロンチェアは、その選択肢のなかの一つです。

アーロンチェアを試座しに行ったお店は大手の家具屋だったので、他にもたくさんの通気性の良さそうな椅子が展示されていました。せっかくなので、他の商品もチェックしましたが、そこにあった中では、アーロンチェアの通気性が一番でした。

姿勢を良くする!という設計ポリシー

アーロンチェアは座り心地の良さよりも、「姿勢を良くする」という評判の声が大きい。
その姿勢を良くする部分に私が求めているのは、腰痛予防と、眠気対策です。

  • 腰痛予防
  • 眠気対策

私も40才を過ぎているので、そろそろ腰痛などの、体の不調をきたす心配があります。その予防のために、悪い姿勢でイスに座るのは避けたいところです。アーロンチェアは姿勢を良くした状態でないと座ることができない、という評判だったので私には魅力的な選択肢となったのです。

今回は仕事や勉強用のイスを求めており、リラックスしながら「映画を見る」「ネットサーフィンをしたい」というニーズはありませんでした。なので、ストイックな仕様のアーロンチェアはちょうど良かったのです。

実際に、訪れた大手の家具屋さんでは他のイスもたくさん試座しました。「リラックスする」というポイントで見れば、アーロンチェアよりも座り心地の良い椅子はありましたが、仕事用のストイックな気分にしてくれるのはアーロンチェアが一番でした。このイスなら眠気も予防できそうです。

アームレストは無し

これは「アームレスト」付きタイプ

アーロンチェアのレビューを書いたブログを見ると、ほとんどの人がアームレスト付きを選んでいるように思えます。ですが、私が買ったのはアームレストが付いていないタイプ。

というのも、私はアームレストの必要性をいまいち理解していません。

家具屋のスタッフさんからは、「リラックスするときに肘をのせることが出来て良い」とか、「マウス操作をする時にアームレストにひじをのせると楽ですよ」と、教えてもらいましたが、私はキーボードやマウスを扱う時には、テーブルの上に肘を載せる習慣があります。(そのため、天板が大きなテーブルが必要。)イスにアームレストが必要な理由は今のところありません。

逆に、アームレストが付いている場合のデメリットは、椅子の乗り降りの邪魔になってしまう事。あれがあると、イスが体が引っかかってしまいます。

2ヶ月ほど使ってみた感想

二ヶ月ほど使ってみました。足の短さゆえ、「座面の高さが、やっぱり少し高いかも?」と思うこともありますが、サイズAであれば窮屈を感じたはずなので、やっぱりサイズBで良かった!と思うことにしています。実際にどちらが良いのかは、2つを同時に使い比べないと分からないでしょう。それぐらい微妙な差であったと思います。

秋冬に購入したため、メッシュ素材の良さは、まだ実感していません。むしろ、今は冬なので座面が涼しく感じてしまいます。その効果を発揮する夏が待ち遠しいです。

また夏を体験してから、感想をレポートしたいと思います。

ハーマンミラー グラファイト Bサイズ アーロンチェア リマスタード ライト アームレス

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました