山善のサーキュレーター(YAS-N18)を掃除しました

正面のガードを外す方法

タイトルどおり、2013年製の山善のサーキュレーター(YAS-N18)を掃除しました。初めて分解した時に、手こずったのが正面ガードの外し方。備忘のため、このブログに記録。手順は以下のとおりです。

 

1)正面ガードを固定しているネジ(1本だけ)を外します。

2)正面ガードを時計回りにずらします。

時計回りに動かしているのが写真では分かりづらいので、gifアニメをつくってみました。

3)引っかかっていたツメが外れたら、正面に向かってひっぱります。

正面のガードにはこのようにツメがあります。なので、無理やりまっすぐに引っ張っても外すことは出来ません。この構造をイメージした上で、分解しましょう。ちなみに、正面ガードのツメを受ける本体部分は、(下の写真)このような溝がついています。

背面のガードは完全には外れない

背面のガードにはモーター部分がくっついています。このモーターに配線がついているので、本体から完全に取り外すことは出来ない仕様になっています。

でも、これだけ外れるだけでもずいぶん掃除のしやすすくなります。背面は、取り外すネジの本数は5本です。

以上。

コメント

タイトルとURLをコピーしました