阪神電車の梅田駅は、南出入口が便利!地下鉄の東梅田との連絡がとてもスムーズ!

阪神電車から、大阪地下鉄谷町線「東梅田」駅に、歩いて行く便利なルート教えて!

阪神電車梅田駅の「南出入口(南出口)」を利用するルートが最短で、おすすめです。

また、この「南出入口」は次のような方にもオススメです。

  • 阪神電車の梅田駅で待ち合わせ場所として利用したい。
  • ベビーカーや大きなキャリーバッグ、車椅子の人。

阪神電車の梅田駅は、「東口」が極端に人の往来が激しいことに比べ、「南出入口」は比較的に空いています。人が少ない。

なので、通行人の邪魔になる恐れが少ないので、待ち合わせ等の利用におすすめです。

またエレベーターがあるのも「南出入口」です。ベビーカーや大きなキャリーバッグ、車椅子の人は当然、南出入口を利用しましょう。

地下鉄の谷町線(東梅田駅)と阪神電車の移動がスムーズ!

東口は激混み!

阪神電車梅田駅の東口は、いつもたいへん混雑しています。

この付近では、多くの人が不規則に、あらゆる方角から歩いてきます。人にぶつからずに通行するのには、そこそこの反射神経が要求されます。

阪急電車や御堂筋線(地下鉄)を利用する場合は、こちらの出入り口を利用するのは仕方がありません。ですが、地下鉄の谷町線を利用する場合には「南出入口」を利用するという選択肢があるので、混雑緩和に協力しましょう。

 

阪神電車の南出入口(南出口)はこちら

東口のとなりに南出入口はあります。

「フルーツジュースの販売スタンドがある方向」と説明すれば、分かりやすいかも知れません。

 


さらに進むと、エスカレーターが見えます。

その近くにはエレベータもあります。ベビーカーやキャリーバッグ、車椅子の人はこちらを利用しましょう。

東梅田へ歩いて行くルートを地図で説明するとこのようになります。

待ち合わせ場所としても便利(阪神電車の梅田駅)

こちらの写真の場所 ↓↓↓ が待ち合わせ場所として、おすすめです。

人の往来が少なく、適度に広がったこちらの場所で、待ち合わせをしている人をたまに見かけます。

初めてこの場所を目にした時は、「なんでこんな無駄なスペースがあるのか?」と不思議に思っていましたが、時間を潰している様子の人を見て納得しました。「この場所便利だ!」

このような使い方も想像して作られた場所だったんですね。ここの設計をした人、あたま良い!!


こちらは、同じ場所を階段から見た様子です。

この場所の近くにエレベーターがあります。

注意!「南出入口」は、阪神電車のホームがある階は「B2」となります。

 

次の画像 ↓↓↓ は、「B1」です。

見えているエスカレータの下が先程お見せした写真の場所です。
なお、このエレベーターの裏にも、待ち合わせをしていた人がいます。
この付近を待ち合わせに使いたい場合は、「南出入口のB1(地下1階)」と言いましょう。

「B1」なのか「B2」なのか?待ち合わせには、階数をしっかりと伝えてあげましょう!

 

「南出入口」にはエレベーターがあります。

さきほどから、何度も写真に写っていますが、「南出入口」にはエレベーターがあります。

  • ベビーカーを押す人。
  • 大きなやキャリーバッグをもった人。
  • 車椅子の人

とにかくエレベーターを使いたい人は、「南出入口」を利用しましょう。
今のところ、人が少ないので、広々とスムーズに通行できますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました